ルテインの通販

ルテインサプリメントのおすすめ通販ランキング
ドクターズチョイス ルテイン40mg
世界No.1品質のルテインがドクターズチョイスのルテイン40mg。体内にそのまま吸収されるフリー体ルテインにこだわり、ルテイン及びゼアキサンチン含有量が業界No.1且つ業界最安値と文句なしにおすすめ。ただ、貴重な原料であるフローラグロー使用のため、ときどき品切れしているので注意が必要。
ドクターズチョイスのルテイン40mg
ブルーベリー&ルテイン
目に良いとされている成分ルテイン4mg(マリーゴールド花弁より抽出)とアントシアニン37.5mg(ブルーベリー果実より抽出)を含有しているお財布的にも気軽に試すことのできるサプリメント。DHAを200mg含有している点も嬉しい。ただし、ルテインの含有量が4mgとちょっと少ないのがマイナス点。
ルテインベリーアイ
良好な視界に導くアントシアニン、抗酸化作用のポリフェノール、水晶体と黄斑部を酸化から守るルテインをメインに構成されたサプリメントは魅力的。ただし、厳選成分が1粒に濃縮されているのは理解できるが、1粒あたりのそれぞれの含有量が明記されていない点が比較しにくくわかりにくい。

ルテインと聞くと目のことを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。でも、このルテインって実は、体中のあちこちに存在していて、重要な働きや役割を担ってたりするんですよね。目の水晶体にはもちろんですが、体内の器官や皮膚、乳房や子宮頚部など、本当に幅広く存在しています。

特に女性の場合だと、ルテイン細胞が卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促しています。卵胞ホルモンや黄体ホルモンは生理周期に大きな影響を及ぼすものですから、女性にとってはかなり重要な存在といえるかもしれません。生理周期だけに限らず、ルテインは乳房にも存在することから、ルテインによって乳がんの発症リスクを低くしたり、乳がんの予後改善にも効果があるのではないかと研究がなされています。

また、女性だけに限らず、ルテインを意識的に摂取することは眼病予防にも効果があると言われてます。ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていると言われますが、実は生の野菜や調理した野菜よりも野菜ジュースに多く含まれているそうですから、野菜不足を補うためだけでなく、ルテイン不足を補うためにも、1日1本くらいは野菜ジュースを飲むのもいいかもしれませんね。

目の健康にはルテインが必要不可欠

加齢とともに起こる眼病として有名なのは白内障ではないかと思いますが、近年は黄斑変性症という失明に至る可能性のある眼病も増えてきていますね。この白内障や黄斑変性症といった眼病とルテインには大きな関係があります。

白内障は目の中の水晶体が濁ってしまうことで起こる視力低下やかすみ、ぼやけなどの諸症状が出るのを差し、黄斑変性症は網膜の黄斑部にある光を受けて識別している細胞が活性酸素によって破壊され、視力低下や視野狭窄などの諸症状が出るのを差します。そしてルテインは、この水晶体にも黄斑部にも多く存在しています。

水晶体に多く含まれるルテインは、目に入ってくる短波長で刺激の強い青色光を吸収するフィルターの役割を担っていますし、黄斑部にあるルテインは網膜上に発生する活性酸素を無害化させる役割を担っています。このルテインが減少することで目に入ってくる太陽光の悪影響を受けて、白内障や黄斑変性症が発症すると言われてます。ルテインを減少させないようにすることが目の健康には大切になってきます。

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますし、野菜ジュースなどにも多く含まれていますから、意識的に食事に取り入れていくのがいいと思います。ただ、食事で摂るにはやはり限界があると思いますので、そういう時にはサプリメントなどを上手に取り入れていくのもいいかもしれません。目の健康にはルテインが必要不可欠ですから、日頃から意識的に摂って、眼病予防に取り組みましょう。